足首を捻挫して整骨院に行っていました | 整骨院、接骨院、整体院にまつわるアレコレ
SNSフォローボタン

足首を捻挫して整骨院に行っていました

私はヒールの高い夏のサンダルをはくと、必ず足首を捻挫してじん帯を痛め整骨院に行くことになります。

整骨院は自宅のすぐそばにあって、車の運転ができない私でも通うことができてとてもありがたいです。

整骨院は整形外科とは違い、毎日通院しなければいけないので、家から通える範囲というのはとても重要なポイントだと思います。

整骨院に行くとまず問診があり足首をひねられてどこを痛めているかチェックされます。

そのあと氷のうで患部を冷やされて、冷やしおわると、温かい赤外線を充てられて10分ほど待ちます。

そのあと患部に手作りのシップと段ボールで作った固定具をつけられて、包帯を巻かれて治療は終わりです。

私が行っている整骨院はあまりプライベートなことは聞かれずに治療中は雑誌をいくつか渡されてちょっと美容院のような感覚です。

また金額は整骨院により違うと思うのですが私が通う整骨院は、足首の捻挫は初回が1700円、2回目からは380円です。

私はじん帯が裂傷していて歩けなかったので松葉つえをついて2週間くらいすごし、治療にかかった期間はおよそ3か月でした。

年齢が40代なので自然治癒しずらいのと、足首なのでどうしても日常生活で患部を使ってしまい治りが遅くなること、だからどうしてもそれくらい通院期間がかかってしまうとのことでした。

また健康保険がきくのですが、ほかの病院も一緒に通っていると10%の負担で保険がきかないのと、1週間以上空けて通院すると、お金が初診料の1700円に戻ってしまうので、その点がちょっと厄介かなと思います。

毎日通院すると費用もバカにならないので、私は生協の月掛1000円の保険に入り、けがをしたときは一日1000円のお金がもらえるようにしています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存